●古紙のリサイクル
●機密書類・機密文書の安全処理
●機密扱い電子媒体の安全処理
●パソコン・サーバの安全データ消去
個人情報の保護
に関する取組み
機密書類処理
パソコン〜ハードディスク等の磁気データ消去処理
古紙リサイクル

「古紙広場」「古紙のリサイクル」「株式会社ミムラ」に
関するお問い合わせ

info@mimura.co.jp

機密書類、メディア、
パソコン・HDD等の
情報の抹消処理に
関するお問い合わせ

geox@mimura.co.jp


1999.8.27よりカウント

事業概要

弊社は県知事の認可を受けた古紙リサイクルの専門企業です。
(県認可廃棄物再生資業者 第16号)

岡山市南区にある本社工場には、1日当り390トンと国内最大級の処理能力を有する古紙固形化ジャンボプレス機をはじめ古紙選別ライン・500トン級の古紙保管庫を備え、米子事業所ならびに岡山市北区の古紙総合リサイクル施設「ジオックス」とともに岡山県内はもとより中国、四国、近畿、九州等全国規模での古紙全般の処理及び、流通に貢献しております。(年間取扱い量 20万t以上)

特に機密書類・機密文書類の処理(廃棄処分)に関しては、平成13年4月に国内トップレベルの設備を有する機密書類の処理専用施設『ジオックス セキュリティセンター』を開設し、同年5月には、財団法人 日本品質保証機構(JQA)が機密文書等のリサイクルを促進するため、機密書類・文書類の処理の安全性を外部から保証する『リサイクル処理センタ安全対策適合証明』を取得。西日本初のJQA検査基準適合 個人情報・顧客情報等の本格的な安全リサイクル処理施設として皆様の要望にお応えしております。

 弊社の役割

古紙は種々の流通経路を経て弊社に集荷され、選別・加工された後、全国の製紙メーカーに原料として供給されます。古紙をゴミとして処理するより経費の削減ができ、企業のイメージアップにもつながることから、年々企業のリサイクル意識が高まり、処理依頼も増加しております。
 国内最大級の古紙固形化ジャンボプレス機

処理需要の増加に対応するためH8年12月に新規導入した国内最大級の処理能力(日産240t)をもつ古紙専用の油圧ジャンボプレス機。種類別に選別した古紙を250馬力で規格の容積に固形化する。設備増強により本社工場の処理能力は日産390tとなり、一工場当りの処理能力は西日本最大。
JQA基準適合ジオックス セキュリティセンター個人情報・顧客情報の安全リサイクル処理施設

平成13年4月新設の古紙総合処理施設ジオックスは、国内4番目、西日本初として(財)日本品質保証機構(JQA)の認定を受けた本格的な個人情報・顧客情報の安全リサイクル処理施設。 指紋認証出入管理、全箇所TV録画、大型粉砕機等、国内最高レベルのセキュリティ設備を有する。
 弊社の重要書類処理の特徴





機密書類処理への完全対応


箱のままでの 粉砕も可能

  1. 処理後はすべてリサイクル
    年間10万トン以上の古紙を取り扱う古紙専門リサイクル企業ならではの特徴で対応。
    県認可廃棄物再生資源登録事業者( 県知事登録番号 第16号 第44号 )
  2. 安全確実な処理
    保管〜搬送〜最終処理を弊社にて一貫して行えるので機密保持が確実。『ジオックスジオックスセキュリティセンター』は国内トップレベルの機密書類処理専用施設( 国内4箇所目/西日本初 のJQA認定 個人情報・顧客情報の安全リサイクル処理施)
  3. 面倒な選別・分別作業は不要
    弊社 機密書類処理専用施設内にて選別処理が可能なため、再生可能な紙以外(カーボン紙、写真、感熱紙、ビニールファイル、布表紙、金属・クリップ等)の混入も可
  4. 予算・書類の重要度に応じた処理方法の提案
    書類の重要度に応じて、『粉砕処理』 『溶解処理』 『通常処理』等の各種の処理方法を使い分けることにより経済的
  5. シュレッダー導入より経費削減
    オフィスへのシュレッダー設置に比べ、購入費用、処理人件費、多量に発生するシュレッダー屑の処理等がいっさい不要
  6. 各種証明書の発行可能
    『粉砕処理証明書』 『溶解処理証明書』 等の各種の処理証明書発行可能ISO14001等への対応可能 『リサイクル証明書』
 機密書類専用引き取り車両
GPS位置情報管理システム付き密閉型車両
防犯装置付き
GPS車両運行管理システム(1秒おきの位置情報、車速等の記録
車両の運行トレース動画記録

TOP

 

Copyright 2011 c Mimura Co,.Ltd.