●古紙のリサイクル
●機密書類・機密文書の安全処理
●機密扱い電子媒体の安全処理
●パソコン・サーバの安全データ消去
個人情報の保護
に関する取組み
機密書類処理
パソコン〜ハードディスク等の磁気データ消去処理
古紙リサイクル

「古紙広場」「古紙のリサイクル」「株式会社ミムラ」に
関するお問い合わせ

info@mimura.co.jp

機密書類、メディア、
パソコン・HDD等の
情報の抹消処理に
関するお問い合わせ

geox@mimura.co.jp


1999.8.27よりカウント

電子メディア媒体の安全処理

CD、MO、ビデオテープ等の
  電子媒体の安全廃棄処理に活用
初期化済み媒体をさらに物理的に破壊


【 現状の問題点 】

書類に比べ比較にならないぐらいの記録情報量の高いCD、MO、フロッピー類の電子(メディア)媒体。また、個人情報が画像として記録されている防犯ビデオ等のビデオテープ類の廃棄に関しても、従来のゴミ・廃棄物としての扱いに加え、情報の完全抹殺処理が要求されます。


【 お客様の心配の声 】  

(1)現在、電子媒体の廃棄マニュアルとしては「初期化後廃棄」とはしているのですが、
    各自の机の中に無造作に入っている電子媒体もあり 実際の運用上の問題は大きい……

(2)また、年度末等に事業所単位でまとめて廃棄する場合にも、すべてマニュアルどおり各自
    での初期化が確実に行われているかどうかが 廃棄時に常に心配……

(3)電子媒体の廃棄に関しては、一般ゴミのなかにまぜて廃棄しているのが現状です。
    電子媒体の処理に関しては 廃棄物処理法上 『産業廃棄物』 となり、
    本来は通常のゴミ・廃棄物と区分して処理すべきと思いますが、
    費用がかさむし、区分する保管場所もないのも現状……

弊社では、電子媒体の安全処理の要望にお応えできるように5分間でCD1,000枚以上、磁気カードなら3,000枚以上処理可能な大型シュレッダーをご用意し、お客様の立会いのもと敏速に電子媒体の情報の抹殺処理が可能なように準備致しました。

お預かりした電子(メディア)媒体は、指紋認証で入退室が制限されている専用処理施設内にて破砕により物理的に記録情報を抹殺されます。またこの施設は「産業廃棄物中間処理施設としての許可も取得しているため、処理後の破砕物に関しても産業廃棄物としての適正処理マニフェストの発行も可能です。


メディア処理単価表【税別参考価格】

処理品目
レントゲンフィルム、磁気カード・CD・フロッピー・ビデオテープ 等……【メディア媒体】
名簿・成績表・カルテ・伝票・管理帳票 等 ……………………………………【 機 密 書 類 】

処理料金 弊社、処理専用施設内にての安全処理


メディア媒体 1kg 200円(税別)
 粉砕物の産業廃棄物としての処理費も含む(10kg以下の小口は2,000円)

参考書類 1kg 30円(税別)
 ファイル・布表紙・大きな金属等の異物の混入可能(選別費込み)

※処理量が多い場合は割引が適用されます。
※ 引取が必要な場合は別途引取料金が加算されます。

なお、弊社の引取りサービス可能地域は岡山県内の主要都市です。
県外からのご依頼に関しては「中間処理」業務委託のみで、「収集運搬」業務委託はお受けしていませんので、お客様の方での産業廃棄物収集運搬車両のお手配が必要となります。
また、岡山県外から岡山市内に産業廃棄物を搬入する場合は、岡山市への事前協議書の提出・協議も必要となります。
詳細は、以下の「お問い合わせ先」宛てに ご連絡ください。

【産業廃棄物中間処理施設、許可番号 岡山市第08320010452号】

 

     
 
このページの内容に関する お問合せ先

株式会社ミムラ ジオックス セキュリティ事業部
岡山市北区北長瀬本町9−26
TEL 086-255-9231  e-mail geox@mimura.co.jp
 
     



TOP

 

Copyright 2011 c Mimura Co,.Ltd.