●古紙のリサイクル
●機密書類・機密文書の安全処理
●機密扱い電子媒体の安全処理
●パソコン・サーバの安全データ消去
個人情報の保護
に関する取組み
機密書類処理
パソコン〜ハードディスク等の磁気データ消去処理
古紙リサイクル

「古紙広場」「古紙のリサイクル」「株式会社ミムラ」に
関するお問い合わせ

info@mimura.co.jp

機密書類、メディア、
パソコン・HDD等の
情報の抹消処理に
関するお問い合わせ

geox@mimura.co.jp


1999.8.27よりカウント

粉砕処理後の断片サイズ・形状〜情報の復元性
粉砕処理後の断片サイズ・形状〜情報の復元性
 

粉砕処理(機密書類の安全再資源化処理)とは……

 
機密書類専用の大型破砕機を用いて、一度にA4用紙換算で10万枚以上もの書類を粉砕する方法です。大型破砕機により大量の書類を混ぜ合わせながら徐々に粉砕していくので粉砕後の書類断片の拡散性・分散性は通常のオフィスシュレッダーに比べ飛躍的に高まります。   さらに、粉砕後の書類断片の形状は 通常のオフィスシュレッダーでの処理後のように一定の大きさ・形とならず、不定形であり大きさも微粉末〜切手サイズまで様々な断片が生じます。このため、粉砕後の書類断片の張り合わせは極めて難しくなり、元書類の記載情報の復元は不可能に近くなります。

粉砕処理工程の流れ
 
 
機密書類 粉砕処理証明書(再資源化証明書)
廃棄処理票
【機密書類 粉砕処理証明書】
専用の見学室より
書類の粉砕工程の見学・立会可能
 
粉砕装置への書類の投入
(A4用紙10万枚以上投入可能)
 
粉砕開始

機密書類専用大型粉砕機による粉砕
(A4用紙10万枚以上処理可能)

粉砕後の破砕断片の排出
磁選機により金属類は除去される

破砕断片の撹拌・圧縮装置+集塵機破砕断片は、上部のパイプを通って空気輸送され攪拌後、圧縮加工される

撹拌・圧縮固形化された破砕断片
A4用紙25万枚程度(約1トン)の塊
ラッピング装置で表面をラップフィルムにて梱包

フィルム梱包された破砕断片圧縮品は再生原料として製紙メーカーに納入される
(製紙原料としての再資源化(リサイクル)処理)

 

機密書類 粉砕処理後の破砕断片のサイズ・形状
(標準スクリーン使用時)
 

まずは粉砕処理後の破砕断片の状態をご覧ください。

● 不定形に破砕され、切手サイズ程度以下となっています
● 切手の1/5以下〜1/20以下の微粉砕物も30%以上含まれます

 
 

 

次に、「機密書類 粉砕後の破砕断片の粒度分布」測定数値を示します。

 

 

情報の復元性 ・・・ オフィスシュレッダーとの比較
以下の3点で 機密書類情報の復元性は極めて低くなります !!

  1 機密書類粉砕後の断片の形が
   一定でなく不定形である
 
⇒ 裁断後の書類断片を張り合わせようにも復元不可能


通常のオフィスシュレッダーと異なり、機密書類の破砕断片の形が一定の大きさ・形でなく極めて不定形でサイズも様々なため、断片を張り合わせて元の機密書類の記録情報を復元することは難しくなります。
 
  2 切手サイズの1/5以下、1/20以下の微粉砕物も
  重量比で30%以上含まれる
 


⇒ サイズ的にも情報の復元性は極めて低い
「JIS試験用ふるい」での粒度分布測定結果
5〜10mmサイズ:重量比23%
0〜5mmサイズ:重量比8%

最大サイズは切手程度の大きさのも含まれるものの、通常のオフィスシュレッダーと異なり機密書類の裁断後の形が一定の大きさ・形ではなく、切手サイズの1/5以下、1/20以下の微粉砕物も重量比で30%以上含まれるため、サイズ的にも形状的にも元の機密書類の記録情報の復元性は極めて低くなります。

     
     
    5〜10mmサイズ:重量比23%
     
    「JIS試験用ふるい」
での 粒度分布測定結果
 
          0〜5mmサイズ:重量比8%
  3 機密書類裁断後の断片は多量の他の書類断片と混合され
   撹拌分散される
 


⇒ 毎回の粉砕処理で ジグソーパズルのパーツ数を無限大に近く作製しているようなものです。

通常のオフィスシュレッダーでは大型の機種でも一度に裁断可能な機密書類の枚数は、最大A4用紙100枚程度が限界となります。

一方、弊社で使用している機密書類専用の大型破砕機は一度にA4用紙10万枚以上もの機密書類の投入が楽々と行えます。

これにより投入された機密書類は他の多量の書類と混ざりながら少しずつ裁断されるため、裁断後の機密書類断片の分散・拡散性は通常のオフィス・シュレッダー使用時と比べて比較にならないぐらい高まり、書類断片をつなぎ合わせて機密書類の元情報を復元させることは極めて難しくなります。

さらに、弊社は機密書類の安全処理施設として多くの企業・病院・行政等から排出された多量の書類を常に粉砕処理しています。

このため2台の大型破砕機を常設しており、各破砕機で裁断された多量の機密書類の書類断片は空気輸送で一ヵ所に混ぜ合わされて大型圧縮機で約1トンの塊に圧縮加工されます。

 
つまり、圧縮加工された約1トンの塊は、多くの顧客より集まった多量の機密書類(A4用紙換算25万枚)の破砕断片の集合体となりますので、この中の破砕断片から機密書類の元情報を復元することは、不可能に近くなるわけです。

(弊社での粉砕処理は ジグソーパズルのパーツ数を無限大に近く作製しているようなものです)
   
       
専用の見学室。
機密書類専用 大型粉砕機による粉砕の様子
(A4用紙 10万枚以上処理可能)
  破砕断片の 撹拌・圧縮装置+集塵機
破砕断片は、上部のパイプを通って
空気輸送され撹拌後、圧縮加工される
  撹拌・圧縮固形化された破砕断片
A4用紙 25万枚程度(約1トン)の塊

処理証明書の発行

 

お預かりした機密書類は、右記のマニフェスト様式の「機密書類 廃棄管理票(再資源化証明書)」を用いて、受取り〜搬送〜施設受入〜粉砕処理の各工程の責任の所在を明確にして管理されます。
粉砕処理終了後は、マニフェストに付随している「機密書類 粉砕処理証明書」に必要事項を明記・押印して送付いたします。

 

機密書類 廃棄管理票(再資源化証明書)
【機密書類 粉砕処理証明書】


処理施設のセキュリティ

 

JQA検査基準適合の扉の厚み強度、指紋認証出入管理・レーザービーム防犯監視・セコム遠隔監視システムなどに加えて、以下のようなセキュリティチェック態勢を整えています。

 


 
見学者用通路から工程確認(2F)
 
事務所からもモニターを監視

 

更に高レベルな、以下の処理もご用意しています
※ 処理に係る注意事項等もありますので、処理費用も含め事前にお問い合わせください。

 

● 封印された段ボールケースのままでの 直接粉砕処理も可能!

 

投入工程   投入後の状態
20〜30ケースを一度に破砕可能
破砕している様子   破砕終了後の状態
破砕時間として30分程度必要

 

● 微粉砕用スクリーンでさらに細かく破砕可能!
【粉砕後のサイズ・形状】不定形で切手サイズの1/3程度以下
※ 1/5以下、1/20以下の微粉砕物が70%以上含まれる。

 

(切手サイズ1/20以下の微粉末も15%以上含まれる)

     
 
このページの内容に関する お問合せ先

株式会社ミムラ ジオックス セキュリティ事業部
岡山市北区北長瀬本町9−26
TEL 086-255-9231  e-mail geox@mimura.co.jp
 
     

TOP

 

Copyright 2011 c Mimura Co,.Ltd.