●古紙のリサイクル
●機密書類・機密文書の安全処理
●機密扱い電子媒体の安全処理
●パソコン・サーバの安全データ消去
個人情報の保護
に関する取組み
機密書類処理
パソコン〜ハードディスク等の磁気データ消去処理
古紙リサイクル

「古紙広場」「古紙のリサイクル」「株式会社ミムラ」に
関するお問い合わせ

info@mimura.co.jp

機密書類、メディア、
パソコン・HDD等の
情報の抹消処理に
関するお問い合わせ

geox@mimura.co.jp


1999.8.27よりカウント

情報漏れを防ぐ、機密書類リサイクルボックス オフィス内の機密文書処理お手伝いツールの提案

 廃棄書類の処理にお困りでは?


● 日々発生する個人情報等を含む可能性のある書類を
  すべてシュレッダーにかけるのは大変!!
● 書類に付いているファイル・金属等の除去にも
  手間がかかる。
● また、多量に発生するシュレッダー屑の処理も大変!!
● 機密書類を段ボール箱で保管するのも安全性に不安が。
● プライバシーマーク取得時等 何とか単純で安全な
  文書廃棄マニュアルは出来ないものか……

 

  シュレッダー処理まで必要ないとして「一般古紙としてリサイクル」「安易にゴミとして処理」されている書類。これらの中にも個人情報が含まれている可能性のあるグレーゾーンの書類は多く含まれています。

 

  重要書類を段ボール箱に入れて保管するのは「中身の情報が丸見え」「中身の書類を容易に持出可能」などの理由で個人情報の安全な管理とは言えません。

 これからは、書類は全てシュレッドボックスへ!!

   
簡単、手間いらず!!

● シュレッダーより便利

● 多量に発生するシュレッダー屑の処理も不要

● 厚み4cmの書類もそのまま投入

● ファイル・金属の除去も不要

● 安価な月額経費(人件費の大幅な削減可)

 オフィス内の機密文書処理 お手伝いツールの提案


個人情報保護法対応 情報漏れを防ぐ機密書類 リサイクルボックス

機密書類は、すべて(メモ書き、注文書の書き損じ、伝票、コピー等)シュレッドボックスに投入してください。 フラットファイル入り書類、窓付き封筒、カーボン紙等の混入書類も、わずらわしい分別・選別する必要なく、そのままの状態で処理可能です。社内での保管の安全性が高まり、機密がどこにも漏れず、リサイクル可能です。 投入するだけなので全く手間もかからず、人件費も削減できます。 シュレッダーにかかる手間も費用も なくなります。



 コストはどれだけかかるの?


L タイプ:毎月9,500円(税別)
 ※岡山・倉敷市街地の場合、さらにお得!!毎月8,000円(税別)の特別価格


S タイプ:毎月5,800円(税別)
 ※岡山・倉敷市街地の場合、さらにお得!!毎月4,700円(税別)の特別価格



ボックス貸出費,回収〜証明書発行まで、すべての経費込み。
Sタイプに関しては2台目より割引き適用。
※キャスターでの搬出可能な場所での価格です。
※その他地区の場合はお問い合わせください。
詳しくはシュレッドボックス単価表をご覧ください。

1 Lタイプでは1日あたり1,000枚以上、またSタイプでは450枚程度発生する機密書類を
2 毎月1回 定期的にオフィスまで回収にお伺いし
3 お客様立会いのもと、ボックスごとの入れ替え(Lタイプ)、
  施錠・封印処理後(Sタイプ)、厳重に処理施設まで搬送し
4 情報を抹殺した後、リサイクルすることが可能です。
5 必要な機密書類投入容器の貸出、証明書発行費もすべて含まれています。



     
 
このページの内容に関する お問合せ先

株式会社ミムラ ジオックス セキュリティ事業部
岡山市北区北長瀬本町9−26
TEL 086-255-9231  e-mail geox@mimura.co.jp
 
     



TOP

 

Copyright 2011 c Mimura Co,.Ltd.