●古紙のリサイクル
●機密書類・機密文書の安全処理
●機密扱い電子媒体の安全処理
●パソコン・サーバの安全データ消去
個人情報の保護
に関する取組み
機密書類処理
パソコン〜ハードディスク等の磁気データ消去処理
古紙リサイクル

「古紙広場」「古紙のリサイクル」「株式会社ミムラ」に
関するお問い合わせ

info@mimura.co.jp

機密書類、メディア、
パソコン・HDD等の
情報の抹消処理に
関するお問い合わせ

geox@mimura.co.jp


1999.8.27よりカウント

機密書類の情報抹消処理【粉砕処理の概要・料金】
粉砕処理の概要
機密書類の安全再資源化処理【個人情報保護法対応】

 

機密書類専用の大型破砕機を用いて、一度にA4用紙換算で10万枚以上もの書類を粉砕する方法です。大型破砕機により、多量の書類を混ぜ合わせながら徐々に粉砕していくので粉砕後の書類断片の拡散性・分散性は、通常のオフィス・シュレッダーに比べ飛躍的に高まります。

 

さらに、粉砕後の書類断片の形状は、通常のオフィス・シュレッダーでの処理後のように一定の大きさ・形とならず不定形で、大きさも微粉末〜切手サイズ程度まで様々な断片となります。
このため、粉砕後の書類断片の貼り合わせは非常に難しくなり、元書類の記載情報の復元は不可能に近くなります。


粉砕処理後の破砕断片の状態

粉砕処理工程の流れ
   
 
専用の見学室より
書類の粉砕工程の見学・立会可能
 
粉砕装置への書類の投入
(A4用紙10万枚以上投入可能)
 
粉砕開始

機密書類専用大型粉砕機による粉砕
(A4用紙10万枚以上処理可能)
 
粉砕後の破砕断片の排出
磁選機により金属類は除去される
 
破砕断片の撹拌・圧縮装置+集塵機
破砕断片は、上部のパイプを通って
空気輸送され撹拌後、圧縮加工される

撹拌・圧縮固形化された破砕断片
A4用紙25万枚程度(約1トン)の塊
 
ラッピング装置で表面をラップフィルムにて梱包
 
フィルム梱包された粉砕くず圧縮品は
再生原料として製紙メーカーに納入される
(製紙原料としての再資源化(リサイクル)処理)

 

【書類の扱い】

 
【処理料金】
 
 

最重要書類として、情報の完全抹消処理後、製紙メーカーにてリサイクル処理。JQA検査基準適合の安全リサイクル処理方法。
【個人情報保護法対応】

  一般的な書類の場合:1kg当たり25円(税別・選別費含)
※書類の紙質・異物の混入の程度により20〜30円/kg(税別)の幅があります。
 


処理証明書の発行

 

お預かりした機密書類は、右記のマニフェスト様式の「機密書類 廃棄管理票(再資源化証明書)」を用いて、受取り〜搬送〜施設受入〜粉砕処理の各工程の責任の所在を明確にして管理されます。
粉砕処理終了後は、マニフェストに付随している「機密書類 粉砕処理証明書」に必要事項を明記・押印して送付いたします。

   
機密書類 廃棄管理票(再資源化証明書)
【機密書類 粉砕処理証明書】

 

処理施設のセキュリティ

 
  JQA検査基準適合の扉の厚みや強度、指紋認証出入管理・レーザービーム防犯監視・セコム遠隔監視システムなどに加えて、以下のようなセキュリティチェック態勢も整えています。  

 
見学者用通路から工程確認(2F)
 
事務所からもモニターを監視

     
 
このページの内容に関する お問合せ先

株式会社ミムラ ジオックス セキュリティ事業部
岡山市北区北長瀬本町9−26
TEL 086-255-9231  e-mail geox@mimura.co.jp
 
     



TOP

 

Copyright 2011 c Mimura Co,.Ltd.