ミムラ ジオックス

機密書類、メディア、パソコン・HDD等の
情報の抹消処理に関するお問い合わせ

086-255-9231

9:00〜17:00
日祝休み

アクセス/お問合せ

機密書類 粉砕処理の6つの特徴

TOP

株式会社 ミムラ ジオックス

機密書類の粉砕処理

機密書類 粉砕処理の6つの特徴

粉砕処理(機密書類の安全再資源化処理/
情報の抹消処理)とは

機密書類専用の大型破砕機を用いて、一度にA4用紙換算で10万枚以上もの書類を粉砕する方法です。
大型破砕機により大量の書類を混ぜ合わせながら徐々に粉砕していくので粉砕後の書類断片の拡散性・分散性は通常のオフィスシュレッダーに比べ飛躍的に高まります。

さらに、粉砕後の書類断片の形状は 通常のオフィスシュレッダーでの処理後のように一定の大きさ・形とならず、不定形であり大きさも微粉末~切手サイズまで様々な断片が生じます。このため、粉砕後の書類断片の張り合わせは極めて難しくなり、元書類の記載情報の復元は不可能に近くなります。

粉砕装置への書類の投入
(A4用紙10万枚以上投入可能)

粉砕開始

機密書類専用大型粉砕機による
粉砕(A4用紙10万枚以上処理可能)

粉砕後の破砕断片の排出
磁選機により金属類は除去される

破砕断片の撹拌・圧縮装置+集塵機破砕断片は、上部のパイプを通って空気輸送され攪拌後、圧縮加工される

撹拌・圧縮固形化された破砕断片A4用紙25万枚程度(約1トン)
の塊

ラッピング装置で表面をラップ
フィルムにて梱包

フィルム梱包された破砕断片圧縮品は再生原料として製紙メーカーに納入される
(製紙原料としての再資源化(リサイクル)処理)

※専用の見学室より書類の粉砕工程の見学・立会可能です。

機密書類「粉砕処理」の7つの特徴

1. 不定形に細かく粉砕・撹拌される

A4用紙換算で10万枚もの大量の書類が大型破砕機により一度に不定形に細かく粉砕されると同時に撹拌されます。
少量の書類が定形にカットされる通常のシュレッダーを使用した場合に比べ、情報の復元が極めて困難となります。

粉砕処理後のイメージ

粉砕処理後の破砕断片

2. さらに多量の書類の破砕断片と混合・圧縮される

粉砕工程に続く破砕断片の圧縮工程でも大量の破砕断片の更なる撹拌と混合処理が行われるため、情報の復元度はさらに低下していきます。
A4用紙換算で25万枚分以上の破砕断片が混合撹拌され、圧縮して1トンの塊をつくるため、この1トンの破砕断片の集まりの中から元の1枚分の情報を見つけ出し復元することは、ほぼ不可能に近くなります。

圧縮固形化されたA4用紙

撹拌・圧縮固形化された破砕断片A4用紙25万枚程度
(1トン)の塊表面をラップフィルムにて梱包

3. わずらわしい書類の分別・選別は不要!!書類はすべて段ボールケースに入れるだけ

弊社の大型破砕機では書類に付随する金属類・プラスチック等もほぼそのままの状態で投入することが可能です。粉砕後、破砕断片に含まれる金属は磁選機により自動的に除去されます。
また、粉砕処理上支障となる異物や製紙原料として好ましくない異物が多量に含まれている書類に関しても、JQA検査基準適合の弊社の機密書類専用処理施設「ジオックス」内での異物の除去作業が可能です。
つまり、ファイル・金属付き書類、窓付き封筒、カーボン紙・ビニール・写真入り書類、布表紙・閉じ紐付き書類等を含む、オフィスで保管・発生する書類一式・・・すべて保管されているままの状態で処理をお引受けすることが可能です。

4. 段ボールケースのままの直接粉砕処理も可能

必要な場合、封印した段ボールケースのまま、中身を誰の目にも触れさせずに粉砕処理(機密情報の抹消処理)することも可能です。

詳しくはこちら

粉砕処理見学室(2F)

投入工程

投入後の状態
20~30ケースを一度に破砕可能

破砕している様子

さらに破砕している様子

破砕終了後の状態
破砕時間として30分程度必要

5. 処理後はすべて日本品質保証機構(JQA)検査基準適合の施設にて
 リサイクル

粉砕処理により機密情報が抹消された破砕断片は、製紙メーカーにてリサイクル処理されます。(再資源化処理)

6. 機密書類 廃棄管理票で各工程管理

お預かりした機密書類は、右記のマニフェスト様式の「機密書類 廃棄管理票(再資源化証明書)」を用いて、受取り~搬送~施設受入~粉砕処理の各工程の責任の所在を明確にして管理されます。
粉砕処理終了後は、マニフェストに付随している「機密書類 粉砕処理証明書」に必要事項を明記・押印して送付いたします。

粉機密書類 粉砕処理証明書(再資源化証明書)
廃棄処理票【機密書類 粉砕処理証明書】

機密書類の粉砕処理
についてのカテゴリ

その他の機密書類の粉砕処理についてのカテゴリ

機密書類の
粉砕処理

機密書類
粉砕処理の
6つの特徴

封印した段ボール
ケースごとの
直接粉砕処理

機密書類処理料金・
回収サービス
可能地域
【粉砕処理】

粉砕処理後の
断片サイズ・形状
~情報の復元性~

様々な媒体の機密情報を安全・確実に抹消します

ため込んだ書類・保管文書を箱のままゴソッと廃棄 書類を投入するだけの超簡単・低コスト書類廃棄! 電子媒体の安全廃棄!